スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製酵母とは? 

春はいちご、夏は梅やローズマリー、秋は梨やりんご、冬は酒粕など、果物や野菜、穀物などの表面に付着している天然の酵母をつかまえて、自然培養し、粉をつないで発酵させたものが自家製酵母です。

ビンの中で酵母はゆっくりゆっくり、でも着々と成長していきます。
その姿は、まるで愛しいわが子のよう。

成熟してくるとワインやシャンパーニュのような甘~い香りが漂ってきて、思わずうっとり。


こうしてできあがった自家製酵母で焼きあげたパンは、季節のほのかな香りと、粉の風味が感じられる、味わい深いパンになります。

「噛めば噛むほど味が出る、ご飯と同じだね」

私のお友だちの小学1年生の息子さんは、こんな感想を聞かせてくれました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

果物や野菜と水をビンに入れて室温に置いておくと、
いちご酵母

数日後には泡がブクブクブク
いちご酵母

ビンのフタを開けると、ポンッ! シュワシュワ~
いちご酵母

この発酵エキスに、粉をつないで発酵させると、ムクムクふくらんでパン生地みたいになります。
これが自家製酵母。
いちご酵母

この自家製酵母がパンをふっくらふくらませてくれるのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiyuka.blog61.fc2.com/tb.php/13-f271dbb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。