スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月はりんご酵母です。 

りんご酵母

11月はりんご酵母です。

Natural Houseにりんごを買いに行くと、有機栽培のりんごは「三上さんのふじ」と「今さんのジョナゴールド」の2種類がありました。

う~ん、どっちにしようか迷うなあ。。。

それなら、どっちのりんごがいい酵母になるか試してみよう!

「三上さんのふじ」と「今さんのジョナゴールド」を皮つきのまま8等分にして芯を取り、5㎜くらいの厚さに切ります。

煮沸消毒した500mlの密閉ビンを2本用意して、それぞれ別々に投入。
3分の1コくらいのりんごを入れると、ちょうどビンの半分くらいの量になりました。

砂糖小さじ1とりんごがかぶるくらいの水を入れて、どっちのりんごか分かるようにフタにりんごの名前を書いたテープを貼って完了。

ここで、ふたつのりんごのお味見を。

ふじは甘くて、ジューシー。
ジョナゴールドはシャキシャキした食感が特徴的。

私はふじのほうが好みです。

半分ずつ残ってしまったりんごたち。
食べちゃおうかなあと思ったのですが、せっかくだから実験、実験。

皮ごとすりおろして、発酵エキスにしてみました。
5㎜に切ったりんごとどんな違いがあるかな?

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

ふじとジョナゴールドの2種類のりんごを、それぞれ切ったものとすりおろしたもので合計4種類のエキスを同時に仕込んで比較してみると、とってもおもしろい結果になったんです。

切ったものとすりおろしたものでは、すりおろしたもののほうが早く発酵がすすむし、香りが立ってくるのも早い。

ジョナゴールドのほうが、ビンのフタを開けた時にパーッっと華やかな香りが。
食べるのはふじのほうが好みだけど、発酵エキスの香りを楽しむならだんぜんジョナゴールドかな。

そして、粉をつないで酵母にすると、すりおろしで作った発酵エキスより、切ったりんごで作った発酵エキスのほうが力が強いみたい。


ということで、レッスンでは「今さんのジョナゴールド」を切って発酵エキスにした酵母を使ってます。
お楽しみに♪

スポンサーサイト

NHK総合テレビ「ゆうどきネットワーク」(11/6放送予定)にしゅんちゃんとはるちゃんが出演します!  

夏から秋にかけて気温が高いときには、発酵エキスを起こすのも、酵母の種継ぎをするのも短時間でどんどん出来ていたのに、この1週間くらいで急に涼しくなったせいか酵母の成長がゆっくりになってきたようです。

子供も夏の間に背がグンと伸びるし、足も大きくなるっていいますもんね。

酵母も子供も、それぞれの成長のスピードにこちらがあわせてあげて、見守ってあげることが大切なんだなって思います。


特に子供の体調ってお天気に影響されやすいですよね。
わが家はバイオウェザーが提供している「健康予報」を、日々の健康管理に役立てています。

そんなお話を、11月6日(木) 16:50~18:00 放送予定
NHK総合テレビ「ゆうどきネットワーク」の、
中村次郎のお天気白書「病は気象から」のコーナーでさせていただいてます。

中村次郎さんとはるちゃん
わが家に取材に来たときに、はるちゃんが中村次郎さんに抱っこ、抱っことおねだりして、一緒に撮っていただいた写真です。

みなさんもよろしければ見てみてくださいね~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。