スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパーニュ試作中です。 

6月と7月はカンパーニュを焼こうと思っています。
カンパーニュ

私が自家製酵母のパン作りをはじめたとき、いちばん最初に焼いてみたい!と思ったのがカンパーニュでした。

本を見ながらはじめて焼いたときは、どのくらいこねたらいいのかもよく分からないし、発酵の見極めなんてもちろんぜんぜん分からず。
仕上げのクープを入れるのも忘れて、焼きあがったのは硬くて丸いかたまりみたいなカンパーニュでした。

来る日も、来る日もカンパーニュを焼き続けて、やっとイメージどおりに焼きあがったときはとっても嬉しかったな~

それ以来、私にとってカンパーニュは特別な思い入れのあるパンになりました。

わが家は電気オーブンを使っているので、レッスン会場のガスオーブンではまた違った焼きあがりになると思うのですが、皮はパリッ、中はもっちりふわっっとしたカンパーニュをみなさんと一緒に焼きあげたいと思って楽しみにしています♪


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

サルタナレーズン、グリーンレーズン、カレンズ、アプリコット、ドライフィグ、クランベリーなど、ドライフルーツをた~っぷり入れたカンパーニュも焼いてみました。
ドライフルーツ入りのカンパーニュ

夜のうちにプレーンなカンパーニュとドライフルーツ入りのカンパーニュを焼いておいたら、朝起きたしゅんちゃんとはるちゃんはさっそく。。。

しゅんちゃん
「ぼくはフルーツが入ってるのがいい!」

はるちゃん
「私はこっち!」
パクッ!

しゅんちゃんとはるちゃんがパクッっと食べてくれると、お母さんうれしい~~!

おいしいからちゅーしちゃおうっと。
ちゅー!

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

最新のパン教室開催日と、詳しい開催場所はこちら
パン教室開催日

スポンサーサイト

レーズン酵母でまるパン(きゆか5月20日のレッスン風景) 

5月20日もまたまた台風が接近!
私って嵐を呼ぶ女みたいなんです。。。

そんな中パン教室にご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!

パンが焼きあがるころにはお日さまも顔を出して、窓から明るい日差しが差し込むと、ほら!
レッスン風景

焼く前にキッチンバサミで入れる飾りが、みなさんそれぞれに個性が出ていて、とってもかわいいまるパンが焼けました。
レッスン風景

大雨で幼稚園がお休みになってしまったために、一緒に参加してくださったお子さまたちもみんなありがとう♪

おうちに帰ってから、ママが焼いてくれた美味しいパンを食べてくれたかしら?

初夏のさわやかな香りいっぱい!甘夏酵母を育てています。 

甘夏酵母
Natural Houseで、合成化学肥料・合成化学農薬を使っていないという甘夏を買ったので、さっそく甘夏酵母を作っています。

皮ごとくし型に切って、水と少しのお砂糖と一緒に密閉ビンに入れて室温に置いておいたら、7日でしぼりごろのエキスができあがりました。

今は粉と水をつないで、パン種になる酵母を育てているところです。


6月の1dayパン教室は、この甘夏酵母を使ってカンパーニュを焼いてみようと思います。
季節の野菜スープは、そら豆の冷たいクリームスープを。
※食材の都合などにより、直前でパンやスープのメニューや、使用する酵母が変更になる場合がございます。 ご了承下さい。

柑橘系のさわやかな初夏の香りを一緒に楽しんでみませんか?


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

最新のパン教室開催日と、詳しい開催場所はこちら
パン教室開催日

レーズン酵母でまるパン(きゆか5月13日のレッスン風景) 

5月13日、台風2号が接近して朝から雨が降る中、当代島公民館でパン教室をしました。
レッスン風景

みなさんがお越しくださったころはちょうど雨がやんでいたのですが、外は5月とは思えないくらい寒い、寒い!
お部屋の中も寒いので温度を上げてもらおうと事務室に連絡したのですが、この時期は冷房に切り替えてしまっているので暖房を入れることができないとのこと。

温度計を見たら、なんと室温17℃です。
寒いわけですよね。

前日から仕込んで一次発酵を終えて野菜室にいれておいたパン生地は、普段なら1時間も室温においておけば充分にゆるんだ状態になって分割、丸め、ベンチタイムとなるのですが、とにかくお部屋が寒いので生地の温度もなかなか上がってくれません。

本当だったら、触るとふわふわしてやわらかい生地の感触を味わっていただけるはずだったのですが、まだ少し冷たくて硬さの残る生地で作業が始まりました。
レッスン風景

ベンチタイムは10分伸ばして30分。
成形して天板に乗せたら、お湯を張ったカップと一緒にビニール袋に入れて30℃に。

と思っていたのですが、ぜんぜん温度が上がりません。

温度が低いなら最終発酵の時間を長めにとればいいのですが、それも時間の関係でできず。。。

お鍋に水を入れてガスコンロでお湯をガンガン沸かして、お部屋をあたためましょうというYさんのアイデアでお部屋は少し温かくなってきたものの、それでもやっぱりパンは少し大きくなったかなというところ。

どうしよう~
このままじゃふわふわのパンに焼きあがらないかも。。。

「でもふわふわじゃなかったら寒さのせいですよ。」
というYさんの優しいお言葉に助けられながら、ドキドキしながら焼きあがりを待っていました。

まだかな~
まだかな~

あっ、ふくらんできた!
あっ!

できあがり~♪
できあがり~

手で半分に割ってみると、ちゃーんとふわふわに焼きあがっていてホッとしました。

みなさんそれぞれにいろんな表情に焼きあがったまるパンは、とびっきりかわいかったですよね(*^_^*)

自家製酵母のパンらしいもちもちのまるパンと、新たまねぎの甘みがじんわり感じられるスープで、
「カラダの中がキレイになる感じがする」

とみなさんが感想をくださったのがすごく嬉しかったです。

おしゃべりも楽しくて、あっというまの3時間。
参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

自家製酵母のパン教室 きゆかとは? 

「きゆか」という名前は、

季節の / 香りを / ゆったり楽しむ

という意味を込めてつけました。


果物や野菜で作る自家製酵母に季節を感じ、
焼きあげたパンからも、ほのかな季節の香り。

赤ちゃんのお肌のようなやわらかいパン生地をこねる感触に、
心もからだもゆったりとやすらいで。。。

パンと一緒に心もふんわりふくらんで、
みなさんがホッとくつろいで笑顔になれるような
あったかい場でありたい。


それが、自家製酵母のパン教室きゆか がめざしていることです。

自家製酵母とは? 

春はいちご、夏は梅やローズマリー、秋は梨やりんご、冬は酒粕など、果物や野菜、穀物などの表面に付着している天然の酵母をつかまえて、自然培養し、粉をつないで発酵させたものが自家製酵母です。

ビンの中で酵母はゆっくりゆっくり、でも着々と成長していきます。
その姿は、まるで愛しいわが子のよう。

成熟してくるとワインやシャンパーニュのような甘~い香りが漂ってきて、思わずうっとり。


こうしてできあがった自家製酵母で焼きあげたパンは、季節のほのかな香りと、粉の風味が感じられる、味わい深いパンになります。

「噛めば噛むほど味が出る、ご飯と同じだね」

私のお友だちの小学1年生の息子さんは、こんな感想を聞かせてくれました。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

果物や野菜と水をビンに入れて室温に置いておくと、
いちご酵母

数日後には泡がブクブクブク
いちご酵母

ビンのフタを開けると、ポンッ! シュワシュワ~
いちご酵母

この発酵エキスに、粉をつないで発酵させると、ムクムクふくらんでパン生地みたいになります。
これが自家製酵母。
いちご酵母

この自家製酵母がパンをふっくらふくらませてくれるのです。

自家製酵母のパン教室きゆかの出張レッスン in お友だちのご自宅 

先日、私のお友だちのお宅で出張レッスンをさせていただきました。
参加してくださったのは、そのお友だちを含めて4名。

いちごで作った、ほんのり甘酸っぱい香りのいちご酵母を使ってまるパンを焼きました。
レッスンの進め方については、こちらをご参照ください。)

1次発酵させておいた生地を分割するところから始めて、
分割

ベンチタイムのあと成形
成型

最終発酵が完了したら、仕上げにはさみで切れ目を入れて、
仕上げ

オーブンで焼いたら、できあがり♪
まるパン焼き上がり

最終発酵を待っている間に、みなさんお1人1単位ずつ生地をこねていただきました。
レッスン風景
(右側の紺色のエプロンが私さくらです。)

「うわ~! 気持ちいい~!」
と、みなさんから歓声があがりました。

自家製酵母のパンは、こねるときに生地をたたきつけたりする必要がないんです。 だから、赤ちゃんのやわらかいお肌に触っているみたいでとっても気持ちいいんですよ。

コトコト煮込んだたまねぎスープもできあがったら、
たまねぎスープ

みなさんでおしゃべりしながら試食タイム。
試食タイム

私もとても楽しくレッスンさせていただき、あっというまの3時間でした。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

こんなふうに、お友だち同士のお集まりやサークル活動などに、出張レッスンもさせていただきます。
出張レッスンします

ご興味のおありの方は、ぜひ一度ご相談くださいね。
お問い合わせ

コッペパン焼けました。 

コッペパン

今朝は、5月のレッスンのまるパンの生地を細長く成型してコッペパンにしてみました。
焼き上げ温度をまるパンより少し高めに設定して、表面にこんがり焼き色をつけています。

外はカリッと、中はふんわり。

焼きたてにソーセージとルッコラをたっぷり挟んで、ホットドッグに。
ホットドッグ

香ばしい皮が、ホットドッグにとってもよくあうんです。
ルッコラのピリッとした辛さも絶妙。

しゅんちゃんはルッコラ抜きで、ケチャップとマヨネーズをたっぷりかけて、
パクッ!
パクッ!

はるちゃんはソーセージはパス。 パンだけが好きなの~
おいしいね~

おいしいね~♪
おいしいね~

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

最新のパン教室開催日と、詳しい開催場所はこちら
パン教室開催日

ちぎりパン焼けました。 

ちぎりパン
5月のレッスンのまるパンの生地で、ちぎりパンを焼いてみました。

まるパンは6コに分割して丸めたらそのまま天板に乗せて焼くのですが、このちぎりパンは9コに分割して18cmの角マンケに並べて焼きました。

1コずつ手でちぎって食べるのもかわいいでしょ。
ちぎりパン

まるパンの材料はとってもシンプルな配合になっているので、こんなふうに型に入れて焼いたり、丸めるときに中にチーズやチョコやあんこなんかを詰めて焼いたりと、いろんなバリエーションが楽しめるんですよ。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

じつは昨日の夜12時に、1時間の最終発酵が終わって焼き上げるつもりだったのですが、11時半ごろ目が覚めて泣き出したはるちゃんを寝かしつけようと添い寝していたら、そのままウトウト。

はっ!っと気づいたらなんと夜中の2時半。

あ~あ~、3時間半も最終発酵させちゃった。。。

パン生地は型の中で大きくふくらんでるけど、すっぱいにおいはしてないしとりあえず焼いてみようかな。

で、3時に焼き上がって、朝ぜったいに起きられないよ~とフラフラになりながら横になりました。

そして、朝1コちぎってみたら、今までにないくらいのふわふわ~に焼き上がっていてビックリ。
発酵時間を長くするとこんなふうになるんですね。

でも長すぎると酵母が旨みを食べちゃうから、いくらふわふわに焼けるとはいってもやっぱり3時間半は長すぎ。
次回は最終発酵1時間半くらいで焼いてみようかな。

はるちゃんもお味見。 パクッ!
パクッ!

おいしい~!
おいしい~!

はるちゃんの夜泣きのおかげ(?)で、ケガの功名のふわふわちぎりパンでした。


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。

最新のパン教室開催日と、詳しい開催場所はこちら
パン教室開催日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。